Rails Girls Japan では、この度、これまでのRails Girls イベントの参加者の中から、 RubyKaigi2017 への参加希望を募り、 お申し出のあった2名の方への参加支援を行いました。

参加者の方々と

RubyKaigi は、日本で開催開催されるプログラミング言語 Rubyの国際カンファレンスで、海外からも多くのRubyistが参加し、 2017年は、9/18~20の3日間、広島の国際会議場で開催されました。

今回、RubyKaigi2017への参加支援の目的は、 RubyKaigi という技術的な国際カンファレンスに参加してもらうことで、 今後のプログラミングに役立てて欲しいということと、 世界中のRubyistと話すことで、Rubyコミュニティの楽しさを体験して欲しいということでした。

参加して頂いた2名の方は、セッションだけではなく、 drinkupにも積極的に参加し、 たくさんのRubyistと交流を深め、 RubyKaigiをとても楽しんでいらっしゃいました。

このような支援の場を提供できたのは、 Rails Girls イベントにご支援頂いている スポンサーの方々のおかげです。 http://railsgirls.jp/sponsors/

今後も、このような支援を続けていきたいと考えておりますので、 よろしくお願いいたします。

年間スポンサーについてのご連絡は、下記までお願いいたします。 railsgirlsjp-invoice at googlegroups.com

参加して頂いた方からの感想

あんずさん

今回、Railsgirlsさんに参加費支援をしていただいたことでRubyKaigiに参加させていただくという素晴らしい経験をさせていただきました。 まだRubyを始めて約半年の自分にとって、発表内容は難しいものが多く理解するのは大変でしたが、Rubyという言語の可能性の広さを知ることができたと思います。 また、アフターパーティでは自分がよく使わせていただいているサービスの企業のエンジニアの方々や海外から来られた方々とたくさん交流することができ本当に楽しい時間を過ごせました。 このカンファレンスに参加できたおかげで、Rubyのことをもっと知りたいと更に思うようになりました! 来年は仙台で開催とのことです。仙台の美味しい食べ物やお酒を楽しみながら、Rubyistの方々のお話を聞きに行ってみませんか?

えみさん

Rubyの本を書いている方やコミッターの方たちとお会いし、気軽に話しかけることができる雰囲気に感動しました。 学会のようなイベントだと思っていたのですが、賑やかでみんな楽しそうにしていてまるでお祭りのようでした。 発表者の皆さんからはRubyを楽しんでいる気持ちが伝わって来ました。 しかし発表の内容は難しく、すごい方々が近くにいるという緊張から楽しみきれなかったことが心残りです。 もっと勉強して、色んな方と楽しく話せるようになりたいです。 今回Rubyに触れる機会をいただいて改めてRuby on Railsを勉強するモチベーションが高まりました。 ありがとうございました。