Rails Girls Japanでは、昨年に引き続き、 これまでのRails Girlsイベントの参加者の中から、 RubyKaigi2018への参加希望を募り、お申し出のあった3名の方への参加支援を行いました。

参加者の方々と

RubyKaigiは、日本で開催開催されるプログラミング言語Rubyの国際カンファレンスで、海外からも多くのRubyistが参加し、 2018年は、5/31~6/2の3日間、仙台国際センターで開催されました。

RubyKaigi2018への参加支援の目的は、 RubyKaigiという技術的な国際カンファレンスに参加してもらうことで、 今後のプログラミングに役立てて欲しいということと、 世界中のRubyistと話すことで、Rubyコミュニティの楽しさを体験して欲しいというところにあります。

参加して頂いた3名の方は、セッションだけではなく、たくさんのRubyistと交流を深め、 RubyKaigiをとても楽しんでいらっしゃっていたようです。

このような支援の場を提供できるのは、Rails Girlsイベントにご支援頂いている スポンサーの方々のおかげです。 http://railsgirls.jp/sponsors/

今後も、このような支援を引き続き行っていきたいと考えておりますので、 よろしくお願いいたします。

年間スポンサーについてのご連絡は、下記までお願いいたします。 railsgirlsjp-invoice at googlegroups.com

参加して頂いた方からの感想

nekoさん

プログラミングを始めて数ヶ月の頃にRubyKaigi2017が開催され、 参加された方々のネット上での発言を眺めては「楽しそうだなあ」と羨ましく思っていました。 今年自分が参加してみたら楽しいだけでなく、 みなさんのRubyが好きだRubyをよくしたいという想いに触れ 私ももっとできるようになりたい。今わからないことを全部わかるようになりたい。 もっと楽しんでいろんなものを作ってみたいという気持ちがとても強くなりました。 多くの刺激と出会いの機会をいただけて本当に感謝しています。 本当にありがとうございました。

atttsumiさん

数年前から周りのエンジニアさん達からRubyKaigiの話を聞いており、いつか参加したいと思っていました。 RubyKaigiは、想像していた通りのカジュアルな雰囲気でした。多くの講演を拝聴し、いろんな方と楽しく交流することができました。 また、夜は有志の女性エンジニアさん方々と同じ宿に泊まり、仕事・プログラミング・ライフスタイル etc…色々なテーマで会話をかわし、 とても楽しく刺激的な時間を過ごしました。 RubyKaigiに参加し、もっとRubyについて学びたい、もっと作れるようになりたくなりました。 (余談ですが、英語の講演がなかなか理解できず歯がゆい思いをしたのでRubyKaigiきっかけに英語学習をはじめました・・!) この度は貴重な機会をいただけたことを心より感謝いたします。ありがとうございました!