Rails Girls インストール・レシピ

クッキングタイム: 5分 (作業時間) / 15-30分 (待ち時間)

Ruby on Rails上にアプリケーションを作るためには、 あなたのコンピュータに必要なソフトウェアと開発環境をセットアップする必要があります。

あなたのオペレーティングシステムの説明をご覧ください。 もし、なにか問題が発生してもあわてずにコーチに声をかけてください。 コーチと一緒に問題を解決しましょう。

コーチの方へ: インストール中に問題が発生した場合、この Troubleshooting のページを参考にして下さい。


macOS 用セットアップ

1. オペレーティング・システムのバージョンを調べましょう。

Appleメニューをクリックして About This Mac (図 1) を選びます。

Apple menu

図 1

2. 開いたウィンドウに使用しているオペレーティング・システムのバージョンが表示されます。(図 2)。

バージョン番号が 10.nn は 6 から 14の間)で始まっていたら、このドキュメントに従って進めます。 これ以外のバージョンだったら、イベントでコーチと一緒にセットアップします。

About this Mac dialog

図 2

3. rbenv を使って Ruby と Ruby on Rails をインストール(Mac OS X 10.9 以上の場合):

Mac OS X 10.9 以上の場合は、Homebrew と rbenv を使って環境をつくります。

3-1. Command line tools をターミナルからインストール:

xcode-select --install

3-2. Homebrewをインストール:

ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

3-3. rbenvをインストール:

brew update
brew install rbenv
echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile
source ~/.bash_profile

3-4. rbenvを使ってRubyをインストール:

“rbenv install -l” コマンドでrbenvでインストール可能なRubyのバージョンを確認できます。

rbenv install 2.7.0

※もしも “OpenSSL::SSL::SSLError: … : certificate verify failed” エラーが起きた場合は、以下の手順を試してみてください。

brew install curl-ca-bundle
cp /usr/local/opt/curl-ca-bundle/share/ca-bundle.crt `ruby -ropenssl -e 'puts OpenSSL::X509::DEFAULT_CERT_FILE'`

3-5. デフォルトのRuby を設定:

rbenv global 2.7.0

3-6. 必要なソフトウェアをインストール

brew install yarn

3-7. Railsのインストール:

gem install rails --no-document

4. コードを編集するのに必要なテキストエディタをインストールする。

このワークショップでは Atom エディタを推奨しています。

Mac OS X 10.7 およびそれ以前のバージョンでは、 Atom エディタは非対応ですが、 Sublime Text 2 エディタが利用可能です。

5. 動作確認

コーチの方に以下の方法で動作確認をしてもらってください。

コーチの方へ:

以下のコマンドでRailsが正しくインストールされているか確認してください。

rails new sample
cd sample
rails g scaffold book
rails db:migrate
rails server

ブラウザのURL欄に http://localhost:3000/books と入力して、画面が表示されれば成功です。

作ったプロジェクトは削除しておきましょう。


Windows 用セットアップ

1. WSLの導入

※ここから先の方法を実行するにはWindowsのパスワードが必要になります。事前に確認をしておいてください。

※WSLでのペーストは右クリックで行います。

画面左下のWindowsボタンを押し、出てきた歯車ボタンを押して「設定」アプリケーションを開きます。

WSL install setting

設定アプリケーションの検索窓に「Windows の機能の有効化または無効化」と入力します。(最後まで入力しなくてもOKです)

WSL install setting

以下の画面が表示されたら、「Windows Subsystem for Linux」にチェックを入れ、マシンを再起動します。

WSL install select wsl

続けて「Microsoft Store」を開きます。

WSL install open store

検索窓に「Ubuntu」と入力して「Ubuntu」アプリケーションをインストールします(「Ubuntu 18.04 LTS」ではなく、「Ubuntu」をインストールするようにしてください)。

WSL install select ubuntu

以下の画面が表示されるので、 ‘入手’ボタン、’起動’ボタンをクリックします。

WSL install get ubuntu WSL install start ubuntu

「Ubuntu」アプリケーションが起動すればWSLのインストールは成功です。

起動したアプリケーション(ここからはBashウィンドウと呼びます)にはユーザー名とパスワードの入力を促す画面が表示されていますので、適当なユーザー名(半角英数小文字のみ)とパスワードを入力しましょう(パスワードは2回入力する必要があり、画面には表示されませんが正しく入力されています)。

WSL install Bash Window

2. Rubyのインストール

以下のセクションでは、aptなどのソフトウェアを使ってRubyの環境を構築していきます。

2-1 必要なソフトウェアのインストール

最初に、WSLの時刻設定を行います。

Bashウィンドウで以下のコマンドを実行してください。

なお、最初のコマンドを実行する際にパスワードの入力を求められますが、先程Bashウィンドウに入力したパスワードを入力してください(Windowsのパスワードではないので注意してください)。

sudo dpkg-reconfigure tzdata

以下の画面が起動するので、「Asia」を矢印キーで移動して選択して、Tabキーを押してOkボタンに移動して、Enterキーを押してください。 WSL install timezone

都市を選択する以下の画面が起動するので、「Tokyo」を矢印キーで移動して選択して、Tabキーを押してOkボタンに移動して、Enterキーを押してください。 WSL install timezone

sudo apt update
sudo apt upgrade -y
sudo apt install autoconf bison build-essential libssl1.0-dev libyaml-dev libreadline-dev zlib1g-dev libncurses5-dev libffi-dev libgdbm-dev sqlite3 libsqlite3-dev nodejs-dev node-gyp npm -y
sudo npm install --global yarn

2-2 rbenvのインストール

Bashウィンドウで以下のコマンドを実行してください。

git clone https://github.com/rbenv/rbenv.git ~/.rbenv
echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bashrc
source ~/.bashrc

2-3 ruby-buildのインストール

Bashウィンドウで以下のコマンドを実行してください。

git clone https://github.com/rbenv/ruby-build.git "$(rbenv root)"/plugins/ruby-build

2-4 Rubyのインストール

Bashウィンドウで以下のコマンドを実行してください。

rbenv install 2.7.0
rbenv global 2.7.0

作業完了後に、以下のコマンドを実行してください。

ruby -v

以下のように、インストールされたRubyのバージョンが表示されればOKです。

ruby 2.7.0p0 (2019-12-25 revision 647ee6f091) [x86_64-linux]

3. Railsのインストール

Bashウィンドウで以下のコマンドを実行してください。

gem install rails --no-document

作業完了後に、以下のコマンドを実行してください。

rails -v

以下のように、インストールされたRailsのバージョンが表示されればOKです(バージョンの番号は違うかもしれません)。

Rails 6.0.2.1

4. コードを編集するのに必要なテキストエディタをインストールする。

このワークショップでは Atom エディタを推奨しています。

5. 動作確認

コーチの方に以下の方法で動作確認をしてもらってください。

コーチの方へ:

以下のコマンドでRailsが正しくインストールされているか確認してください。

rails new sample
cd sample
rails g scaffold book
rails db:create
rails db:migrate
rails server

ブラウザのURL欄に http://localhost:3000/books と入力して、画面が表示されれば成功です。

作ったプロジェクトは削除しておきましょう。

Windows 用セットアップ(WSLが使えない方向け)

1. Rubyのインストール

RubyInstaller をダウンロードして実行します。

インストールのオプションは Use UTF-8 as default external encoding をチェックし、他の選択肢は全てデフォルトを選択します。 RubyInstaller Install options

Rubyのインストールが終了すると、以下の画面が表示されるので、’Finish’ボタンをクリックします。 RubyInstaller Install Finish

コマンドプロンプトが立ち上がってMSYS2のインストールに進みますのでデフォルトの選択肢(何も入力せずにエンター)を選びます。

RubyInstaller MSYS2 install

コマンドプロンプトが立ち上がってMSYS2のインストールに進みますのでデフォルトの選択肢(何も入力せずにエンター)を選びます。

MSYS2のインストール後、コマンドプロンプトが自動的に閉じるので、 Windowsスタートメニューからコマンドプロンプトを起動しておきましょう。

2. Railsのインストール

gem install rails --no-document

作業完了後に、以下のコマンドを実行してください。

rails -v

以下のように、インストールされたRailsのバージョンが表示されればOKです(バージョンの番号は違うかもしれません)。

Rails 6.0.2.1

もしもRailsのバージョンが5.2よりも小さい場合は 以下のコマンドを実行することでバージョンアップできます。

gem update rails --no-document

3. コードを編集するためのテキストエディタが必要になります。

このワークショップでは Atom エディタを推奨しています。

Windows Vista およびそれ以前のバージョンでは Atom エディタは非対応ですが、Sublime Text エディタ を利用可能です。(※Windows で Sublime Text を使う場合、日本語入力欄が入力箇所に出ない問題があります。気になる場合は以下の手順で日本語入力パッチ(修正プログラム)をインストールしてください。Sublime Text 日本語入力パッチをダウンロードします。Sublime Text アプリメニューの Preferences から Browse Packeges を選び、フォルダを表示させます。 ダウンロードしたzipを解凍してできたフォルダ(IMESupport-master)をここへコピーします。Sublime Text が起動している場合は再起動します。)

これで、Ruby on Railsのプログラミングを始められるまでの環境セットアップは終了です。おめでとう!

4. JavaScriptライブラリのインストール

node -v
yarn -v

5. 動作確認

コーチの方に以下の方法で動作確認をしてもらってください。

コーチの方へ:

以下のコマンドでRailsが正しくインストールされているか確認してください。実行後、ブラウザのURL欄に http://localhost:3000/books と入力して、画面が表示されれば成功です。作ったプロジェクトは削除しておきましょう。

rails new sample
cd sample
rails g scaffold book
rails db:migrate
rails server

bundle install時にsqlite3 gemのインストールでエラーになる場合は、以下を試してみてください。ridkはMSYS2用パッケージマネージャです。

gem uninstall sqlite3 --all
ridk exec pacman -S mingw-w64-x86_64-sqlite3
gem install sqlite3 --platform ruby

rails newで行われるbundle installがエラーで中断したときは、上記の修正後、 bundle install、rails webpacker:install の実行を忘れないでください。

出るかもしれないエラー

Gem::RemoteFetcher エラー

rails new railsgirlsgem update rails を実行すると下記のようなエラーが出るかもしれません:

Gem::RemoteFetcher::FetchError: SSL_connect returned=1 errno=0 state=SSLv3 read
server certificate B: certificate verify failed (https://rubygems.org/gems/i18n-0.6.11.gem)

これは Rubygems のバージョンが古く、更新が必要であることを意味していますので、まず Rubygems のバージョンをチェックしましょう。

gem -v

もし 3.0.3 より古いバージョンだったら、以下の手順で更新する必要があります:

ruby-gems-update gem をダウンロードし、それを c:\rubygems-update-3.0.3.gem として保存して実行してください:

gem install --local c:\\rubygems-update-3.0.3.gem
update_rubygems --no-document
gem uninstall rubygems-update -x

Rubygems のバージョンをチェックしましょう。

gem -v

バージョンが 3.0.3 より大きいことを確かめてください。 もし失敗していたらやり直してください。

続いて、bundler gem も更新が必要となる場合があります。まず bundle のバージョンをチェックしましょう。

bundle -v

もし 1.17.2 より古いバージョンだったら、以下の手順で更新する必要があります:

gem update bundler --no-document

bundle のバージョンをチェックしましょう。

bundle -v

バージョンが 1.17.2 より大きいことを確かめてください。 もし失敗していたらやり直してください。

‘x64_mingw’ is not a valid platform エラー

rails server を実行すると以下のようなエラーが出ることがあります:

'x64_mingw' is not a valid platform

もし RailsInstaller を実行した後でこのエラーが出たときには、Gemfile というファイルをちょっとだけ編集する必要があります:

そのファイルの最後の方に下記のような行があるはずです。 もしなければ付け加えましょう:

gem 'tzinfo-data', platforms: [:mingw, :mswin, :x64_mingw]

このように :x64_mingw と書かれていたら、 :x64_mingw の部分を削除してください。 つまり上の行を下記のように変更するわけです:

gem 'tzinfo-data', platforms: [:mingw, :mswin]

ファイルを編集し終わったら、再びコマンドプロンプトで bundle update を実行してみてください。


Linux 用セットアップ

1. Install Rails

あなたの Linux ディストリビューション(Ubuntu や Fedora)に Ruby on Rails を開発する環境をインストールするには下の1行をコピーしてターミナルに貼り付け、Enter キーを押す必要があります。スクリーンに流れるテキストを眺めて少しの時間の間、楽しみにお待ち下さい。次に進むまでの間、飲み物を飲んで休憩してはいかがでしょうか。

Ubuntuの場合:

sudo apt-get install curl
bash < <(curl -sL https://raw.github.com/railsgirls/installation-scripts/master/rails-install-ubuntu.sh)

gnome-terminal を使って RVM インストールを行いたいときは、Ruby と Rails の正しいバージョンを確かめる前にオプションを変更する必要があるかもしれません。 RVM documentation を参照してください。

Fedoraの場合:

bash < <(curl -sL https://raw.github.com/railsgirls/installation-scripts/master/rails-install-fedora.sh)

下記のアプリケーション作成コマンドを実行して、正しくインストールされたことを確かめましょう。

rails new railsgirls
cd railsgirls
rails server

2. コードを編集するためのテキストエディタが必要になります。

このワークショップでは Sublime Text エディタを推奨しています。

これで、Ruby on Railsのプログラミングを始められるまでの環境セットアップは終了です。おめでとう!


仮想マシン

自分のコンピュータにインストールする代わりに仮想マシン上で開発環境をセットアップすることもできます。 詳しいことは ここ を参照してください。


クラウドサービスを利用する

あなたのコンピュータにRuby on Railsやエディタをインストールする代わりに、開発用のWebサービスを利用することもできます。ブラウザとネットへアクセスできる環境があればOKです。 ここでは AWS Cloud9 を利用する手順と codenvy.io を利用する手順を説明します。

もしも、別のサービスを利用している場合は、例えば ‘Environment’ や ‘Workspace’ の代わりに ‘Workstation’ という単語を使うなど用語の違いがあるかもしれませんが、概ね同じになっているはずです。

AWS Cloud9

AWS Cloud9のサイト

1. ブラウザを確認する

2. アカウントを作成する

3. Ruby on Rails の開発用に Environment を設定する

以降の手順ではこの画像の下部にあるターミナルを使います。

4. 標準でインストールされている RVM をアンインストールする

4.1. RVM 関連ファイルの削除

/usr/bin/sudo rm -rf $HOME/.rvm 

4.2. RVM 関連設定の削除

sed -i -e '/rvm/d' ~/.bashrc

4.3. AWS Cloud9 のインスタンスを再起動して操作を反映させる

AWS Cloud9 を再起動して $GEM_HOME, $GEM_PATH を更新します。

画面右上のメニューから Manage EC2 Instance をクリックしてEC2の管理画面に移動しましょう。

アクション をクリックして インスタンスの状態 のメニューから 再起動 をクリックしてください。

AWS Cloud9 の画面に戻りましょう。少し待って利用可能な状態になったら再起動は完了です。

これで RVM が正常にアンインストールされました。

5. Railsのインストール

次のコマンドを実行してしばらく待つと各種インストールが完了します。

bash < <(curl -sL https://raw.github.com/railsgirls/installation-scripts/master/rails-install-ubuntu.sh)

インストールしたRubyとRailsのバージョンを確認してみましょう。

source ~/.rvm/scripts/rvm
ruby -v
rails -v

6. 開発する


codenvy.io

codenvy.io のサイト

1. アカウントを作成する

ブラウザで codenvy.io にアクセスして、無料でアカウントを作成することができます。

2. Ruby on Rails の開発用に Workspace を作成する

Workspace を作成するには、codenvy.io にログインして、 ‘Workspaces’ をクリックします。’Add Workspace’ を押します。

‘New Workspace’ の画面で以下のように設定します。

3. Workspace の設定

再起動に表示されるアドレスをどこかに記録しておいて下さい。後で、使用します。

4. Ruby と Ruby on Rails をインストールする。

Terminal 内にて次のようにコマンドを入力して、Ruby と Ruby on Rails をインストールします。

4-0 各種必要なプログラムのインストール

sudo apt update
sudo apt upgrade -y
sudo apt install -y build-essential bzip2  libsqlite3-dev libssl-dev libreadline-dev  tzdata zlib1g-dev

インストールの途中、入力をする必要があります。以下のように入力して下さい。

4-1 node.js 、yarnのインストール

curl -sL https://deb.nodesource.com/setup_12.x | sudo -E bash -
sudo apt install -y nodejs
curl -sL https://dl.yarnpkg.com/debian/pubkey.gpg | sudo apt-key add -
echo "deb https://dl.yarnpkg.com/debian/ stable main" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/yarn.list
sudo apt-get update && sudo apt-get install yarn

4-2 rbenv と ruby-build をインストール

git clone https://github.com/rbenv/rbenv.git ~/.rbenv
git clone https://github.com/rbenv/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build
echo 'PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bashrc
source ~/.bashrc

4-3 rbenv を使って Ruby をインストール

rbenv install 2.6.5

4-4 デフォルトの Ruby を設定

rbenv global 2.6.5

4-5 Bundler のインストール

gem install bundler --no-document

4-6 Rails のインストール

gem install rails --no-document

5. Rails環境生成 & 動作確認

*5.1 Rails6.0 にてテスト用サーバーの生成

rails new sample
cd sample
bundle exec rails g scaffold book title:string memo:text
bundle exec rails db:migrate

5.2 config/webpacker.ymlのパラメータ変更

エディターでconfig/webpacker.ymlファイルを開き、以下のパラメータを変更します。

development:
  <<: *default
  check_yarn_integrity: false   # << ここを`false`に変更

*5.3 Rails6.0 サーバードメイン名をconfig/application.rbに追記

3. Workspace の設定』で設定したサーバーアドレスをドメインに追記します。 codenvyのexploreからsample/config/aapplication.rbをダブルクリックしてエディタを開きます。 .codenvy.ioと追記することで、codenvyのサブドメインも全て対象となります。

module Sample
  class Application < Rails::Application
    config.load_defaults 6.0
    config.hosts << ".codenvy.io"   # <=ここに追記します。
   end
end

*5.4 Rails6.0 サーバーの起動

bundle exec rails server -b 0.0.0.0

*5.5 booksアプリの表示確認

3. Workspace の設定』で設定したサーバーURLに`/books‘を付加してブラウザで開きます。

URL例: http://node12.codenvy.io:50322/books

この画面が表示されれば正常に起動していますので確認終了です。

6. プロジェクトを作成する場合に